ハメられ通学電車-いたずらしないで」カテゴリーアーカイブ

「ハメられ通学電車-いたずらしないで」ネタバレ画像、無料立ち読み有

「ハメられ通学電車-いたずらしないで」DL版!ネタバレ画像、無料立ち読み有

「ハメられ通学電車 / 尾山」
≫試しに読んでみる≪
[iPhone、Android対応]

「ハメられ通学電車-いたずらしないで」《漫画紹介》

清純派JK、ギャル風のJKがブサイクなオヤジ達に、電車で痴漢被害に…

タイプ別のJKがハメられ、犯され、中●しされ、ブサイクオヤジ達のえじきに…

清純派の真白は、オジサンに弱みを握られ、ハメられレ●プ。抵抗できない真白にヤリタイ放題。

挙げ句には、トイレに連れ込まれ、強制〇〇〇!

弱みを握られている限りつづく真白の中は、オヤジのアレで一杯に…

「ハメられ通学電車 / 尾山」
≫試しに読んでみる≪

[iPhone、Android対応]

 

《あらすじ》「ハメられ通学電車-いたずらしないで」

真白編 「ハメられ通学電車」一人目

いつも電車で高校に通っているJKの真白は、女性専用車両に乗っていたが、この日だけは乗り遅れてしまうのです。

そのせいでオジサンだらけの車両に乗るハメに。

パンツがみえそうなくらい短いスカートを履いている真白は、いつオジサン達から狙われてもおかしくない状況。

案の定、電車に乗る前、真白のことをじっと見つめているオジサンがいたのです。

ブサイクな面を下げて、ニヤニヤしている。

電車に乗り込み、加齢臭のする車内で待機している。

背後に視線を感じた真白が振り向くと、さっきのオジサンがまた見つめているのでした。不気味に感じた真白は、2度と見ないようにしていると、

誰かにオシリをギュッとつかまれる。振り向くと、あのブサイクなオヤジが真後ろに…

揉むように触ってくる相手に「やめてください、大声出しますよ」と、注意する真白。

しかし、オヤジは手を止めることなく、オシリ、オッパイまでモミモミしはじめる。

実は、このブサオヤジ、真白の弱味を握っているのでした。

言いふらされたくなければ言うことに従えと脅される真白は、されるがままに。

パンツの中に汚い手を入れられ、あそこをクリクリされる。

こんなオヤジに…と嫌がっていると、今度は強力なバイブをあそこに突きつけられるのです。

足がガクガク震えてしまうほど、いってしまった真白は、アソコをビショビショに濡らしてしまうのでした。

もはや、オヤジに支えられていないと立っていられない状態。。

真白のオッパイを揉みながら支えているオヤジも興奮が増してきて、キツキツのオマ○コに挿入!

「ぐぐぐっ」

「ダメダメぇっ」

「すごい温かいなぁ…真白ちゃんの中は…」

「ああッ奥に当たってるぅ」

「キモい親父の全部入っちゃったぁ…」

JKのピチピチの体を味わいつくす。電車の中で、ハメられ、ズコバコ突かれる真白。

「すごい締まってるよォ~」

「オジさんッ…激しい」

「激しすぎィッ!!…」

限界に達したオヤジは、中〇し

「ふぐッ…んッいっぱい出たぁ」

「非道いよォ…」

「こんなキモいオヤジのが私の中にぃ…」

「明日からも毎日よろしく」

今後も、あんなキモオヤジに毎日ハメられ、おかされるのかと思うと、怯える真白。

そこへ助け船が、「あ…あんた、そこで一体何をしているんだ!?」

一人の男性が声を掛けるのでした…。

これで、彼女は毎日中〇しされずに済むのか…。

「ハメられ通学電車 / 尾山」
≫試しに読んでみる≪

[iPhone、Android対応]

 

「ハメられ通学電車-いたずらしないで」《漫画の詳細》

作者:尾山泰永

配信元:コミなび

対応端末:スマホ[iPhone、Android]

ダウンロード:スマホにできます

漫画のジャンル:ハメられ、レイプ、JK

タイトル:「ハメられ通学電車-いたずらしないで」

 

「ハメられ通学電車-いたずらしないで…」がここまで読まれている理由とは?

あの大人気コミック「秘密の通学電車」に匹敵するエロさと言われる「ハメられ通学電車-いたずらしないで…」。

どうしてここまで人気がある漫画なのか、その秘密をここで紹介!

「ハメられ通学電車-いたずらしないで…」のネタバレはもちろん、無料の立ち読みもできますので、そちらもご覧ください。

DMMで配信中
詳細は画像をタップ

DMMにて配信!ハメられ通学電車

《感想》「ハメられ通学電車-いたずらしないで」

「ハメられ通学電車-いたずらしないで/裏万屋」ネタバレや無料立ち読み、ダウンロード終了

「ハメられ通学電車」2話ネタバレ「蹂躙された柔尻と豊満な胸」

「ハメられ通学電車-いたずらしないで…」2話ネタバレ

「ハメられ通学電車-いたずらしないで…」2話は、「蹂躙(じゅうりん)された柔尻と豊満な胸」です。

電車内で痴漢されてしまう真白。このままでらまずいと判断し、はっきり言うことに。

「止めてください!大声出しますよ!」これで止めてくれるだろう…そう思っていたが、オジさんはやめようとはしない。

「そんなこと言ってもいいのかなぁ真白ちゃん」「ど…どうして、私の私の名前を」

「真白ちゃんのことなら、何でも知ってるよ」

「万引きしてたこともね」

「万引き…」

彼女は、学校の帰りにコンビニで万引きをしていて、オジさんに目撃されていたのです。

証拠の写真まで撮られているため、言い逃れはできない…。

「そんな…どうしよう…」

「分かったらこのままオジさんの言う通りにしようねぇ」

万引きしている写真がバラまかれたら、タダではすまないと思った真白は、大人しく従わざるをえない。

いい気になったオヤジは、まかれたらのオシリをワシづかみ。

真白は、乳首をぎゅっとつままれると、大きな声が出そうになる。

でも大声を出してバレたら、あの写真がバラバラまかれてしまう…。

両手で口を抑え、あえぎ声を出さないようにしている。

しかし、乳首を攻められると声を出さずにはいられない。

「周りの人にバレそうになると、ドキドキしない?」

オヤジはオシリとおっぱいをモミモミしながら、かたほうの手を下半身に持っていく。

真白のパンツの中に手を入れ、マ○コをいじくり倒す。

「ビクンッ」

「ん…はぁん…」

「ダメダメェっそんなされたら声でちゃう」

ギリギリ気付かれはしないものの、オヤジの手によってハメられてしまう真白。

「まったく、最近の若い子は成長が良くてけしからん」

そう言うと、バイブをハメられることに…

「この振動するオモチャで罰を与えてやらんと」

初めて感じる震動に限界の真白は、

「あぁっ…何この振動…あっ…」

「だめぇっ」

「ビクンッ」

足がガクガク震え出すほど感じているところに、さらなる刺激を与える。

「あぁっ そんな動かしたらっ あぁ…すごい振動っ」

「やらしぃなぁっ、こんなに濡らして」

びしょびしょに濡れたマ○汁か足の方へ流れてくるほど濡れ濡れのオマ○コ。

「んんっ、だめ…大きい声が!」

女子高生には刺激が強い強力バイブによって、マ○コに限界が…

「ハメられ通学電車」立ち読み

「ハメられ通学電車」3話のネタバレ

 

「ハメられ通学電車-いたずらしないで…」ネタバレ2話の感想

通学途中の電車で痴漢にハメられる真白。痴漢相手は、彼女の弱味を握っているのをいいことに、何でもヤりたい放題。

卑劣なやり方だと思いきや、 じつは真白、学校の帰り道に万引きをしていたのです。

通学電車に乗る前に立ち寄ったコンビニで、盗みを働く女子高生。

この万引きしていた様子が撮られてしまい、証拠写真まで残されてしまうのです。

そのせいで抵抗することも、反論することもてきない真白は、オジさんの痴漢によって好き放題されてしまうのです。

しまいには、ハメられ汚されてしまうというエロすぎる展開へと進んでいきます。

JK(女子高生)の若くてエロいカラダをたんのうするかのように

オッパイをモミモミし、マ○コをいじくる。

声を出さないようにしているも関わらず、何度も声を出してしまいそうになる真白を見て、興奮するオヤジ。

さらに調子に乗ったオヤジは、強力バイブを仕掛け、イかせようとする。

あまりに強力なバイブに足がガクガク震えだす。マ○コもびしょびしょに濡れ始める。

オヤジの支えなしには立っていられないほどってどれだけイッてんの?って感じですが、 かなり敏感な反応が、エロかわいいです。

あえぎ声とかたくさん出ていますが、一応通学電車の中なんですよね。

いつバレるか分からない状況(普通ならバレてるでしょ)で、ピチピチのJKに痴漢して興奮し、

段階が進めば進むほど、どんどんエロさが増す真白を見て、オヤジの痴漢はエスカレート…

そして、
次第に真白の体に変化が訪れてしまうのです。

このままキモいオヤジにハメられてしまうのか。

続きは「ハメられ通学電車」の本編で

≫「ハメられ通学電車」ダウンロードはコチラ

【まんがこっち】 ハメられ通学電車-いたずらしないで…-

「ハメられ通学電車」本編を読む

「ハメられ通学電車-いたずらしないで…」に類似する大ヒットエロ漫画「秘密の通学電車」

 

「ハメられ通学電車-いたずらしないで」 1話ネタバレ

「ハメられ通学電車-いたずらしないで」 1話ネタバレ

真白編その1「忍び寄る痴漢の魔の手」

「あっ…またっ…もうやだよォっ…変な気分になるぅ」

制服を着たJKの女の子がトイレでセ○クス中

「はぁ…はぁ…こすれると…変なカンジが、するぅっ」

「やぁああっ激しすぎィッ…」

「感じすぎちゃうぅっ」

「ドピュっドピュっ!ビクンっ」

「うく~っ出たぁっ」

大量に中○しされてしまう女子高生の真白

「あ…あっ…っひどいよぉっ」

「あ~っ良かったよォ、真白ちゃん」

「どうして…こんなことになっちゃったんだろう…」

彼女の父親と同じくらいのオジさんにハメられ、たっぷり中○しまでされた真白。

通学電車でJKの身に一体何が?

JK(女子高生)の真白は、健康的な体をした女の子。

短いスカートをはき、胸の大きさが目で分かるほどの巨乳。

とても高校生のカラダとは思えない。

そんな真白は、いつも電車で通学している。しかし、この日は女性専用車両に乗り遅れたせいで、汗臭いオヤジ臭のする電車で通学するハメに…。

車内は、ぎゅうぎゅう詰めの上に、周りはおっさんばかり。

着くまでの辛抱だと言い聞かせ待機していると、何やら視線が。

「うっわ…あのオジさんこっち見てる」

ヤバそうな人だと警戒した真白は、できるだけ目を合わせないようにする…。

しかし、真白のオシリに忍び寄る手が…

「ぎゅっ」

「ビクッ」

純白のパンツからワシづかみされるお尻

「だ…誰かお尻触ってる」

とっさの出来事に恐くて声が出ない真白。

うしろを振り向くと、さきほどじっと真白のことを見つめていたオジさんなのでした。

ニヤつくオジさんにぶるぶる震えだす。

「あのオジさん…」

「いつの間にかうしろに居る…」

「だ…誰か気付いてぇ」

思いとは裏腹に、オジさんの手は止まらない。

パンツの中に手を入れはじめる。

「んっ…そんなトコだめぇ」

「あっ…やだぁっ」

「お尻の穴まで…はぁっ」

オジさんは、人目を気にすることなく、真白のお尻をワシづかみにし、さらにお尻の穴に手を入れくるのでした。

ニヤついたオヤジにいきなり痴漢されされてしまったJKは、

このオヤジの手によって汚されてしまうのか…。1話(終)

「ハメられ通学電車」2話のネタバレ

「ハメられ通学電車」立ち読み

 

「ハメられ通学電車-いたずらしないで」 1話ネタバレ《感想》

純白のパンツがお似合いの真白がいきなりハメられているところから「ハメられ通学電車」本編はスタート。

本気で嫌がる真白にお構いなく思いっきり中○しするオジさんは、容赦ないです。

彼女のお父さんと同じくらいのオジさんにたっぷり中○しされてしまうJK(女子高生)。

始まりから一体何がどうなってんの?となるくらい、いきなりドエロい展開になっています!

中年サラリーマンのオヤジに、純白なJKが中○しされるシーンはヤバイです…
本気で嫌がっているのに、体だけは嫌でも反応してしまう様が「ハメられ通学電車」最大のエロさだと思います。

女子高生(JK)、電車、痴漢ジャンルが好きな方に絶対オススメできるストーリーです。
「ハメられ通学電車-いたずらしないで…」は、オムニバス形式になっており、主なシチュエーションが電車になります。

ジャンルは電車、通学、痴漢、JK、オヤジで、若くてキュートな女の子たちが、加齢臭プンプンのキモいオヤジたちに、ハメられおかされていくエロストーリー。

「ハメられ通学電車」の初回は真白編となっていて、 「ハメられ通学電車」の1話~6話まであります。

以降は、夏実編、編と続いていきます。

ですから、一人のJKだけでなく、複数のJKの痴漢される模様が楽しめます。

作者は尾山泰永氏です。尾山泰永氏は、「ハメられ通学電車」のほかにも、さまざまなエロ漫画を配信しています。

この作品に限って言えば、ちょっとした手抜き感があるような気がしますが、女の子がエロカワいく、オジさんのキモさ加減が絶妙なので、

けっこう抜○るコミックだと思います。

無料立ち読み&ダウンロードはコチラ
【まんがこっち】 ハメられ通学電車-いたずらしないで…-

「ハメられ通学電車」本編を読む