「気の強い女上司(31歳・人妻)の弱みを握ったので」3話ネタバレ

「気の強い女上司(31歳・人妻)の弱みを握ったので」3話ネタバレ

女上司(人妻)の弱味を握ったことで、セックスを毎日強要する主人公。

気品があって、気の強い女上司ですが、オッパイをいじったり、中●●すると、

すっかりか弱い女性になるのです。

そんな可愛い一面を持つ女上司と、いよいよ本番を迎えるのです。

1度目は、パイズリフ●ラで口内射●。

その次はマ●コに挿入。

「ほら、部長の大好きなチ●コですよ」

「べ、別に好きなじゃないわよ…」

気の強い態度を見せる女上司ですが、マ●コはヌルヌルに濡れまくってるのです。

奥までチ●コを突っ込むと、

ズププププ

「ひゃああっ」

と可愛い声を出す。

「あぁっ…」

「ダメッ…」

本当は大好きなチ●コが入ってきてゾクゾクする彼女。

見た目はお高く止まって見えるのに、実はかなりのド変態。

そんなことない!と言いつつも、敏感に感じてるシーンはエロカワイイです。

普段は気の強い女上司でも、激しくピストンされると、あえぎ声が漏れ出す。

ズプッズプッズプッ

「ひゃあああ」

「ダメッ」

マ●コの奥までチ●コを感じて、気持ち良さそうな表情。

息を切らしながら、アソコをトロトロさせてる人妻をシゴきまくって興奮が止まらない萩山。

「もう…早く終わらせて…」

あんたなんかにイカされるなんて屈辱そのもの…とにらみながらも、体をビクつかせる。

まだ生意気な態度の女上司が、たまらない萩山は、さらにヒートアップ。

チ●コを挿れながら、クリも同時に攻める。

「ひゃうううっ」

「そこダメッ」

すごく気持ち良さそうな顔をしながら、ビクつく女上司。

とにかく敏感なクリをいじられつづけると、再び気の強い態度で無くなり、従順なメス犬になる。

「ひゃあああ」

「それダメッ!」

「どーすか部長?」

「クリちゃんと奥の同時攻撃は?」

「もうまともに返事もできないんですか?」

「イキまくりじゃないですか」

「……」

もう何も言えないほどイッてる女上司な、あれをたっぷりお見舞いする。

ドクンッ、ドク、ドク

「ひゃあああ」

すごく可愛い表情で、精●をくらう。

彼女は人妻だというのに、ポンコツ社員の萩山に、

2度中●●をくらって、これ以上ない屈辱を味わうのです。

それから2時間後、まだセックスは続いている。

あと2、3発はイケるとヤル気満々の萩山は、女上司をひたすらパコる。

もはや気の強い態度は一切無くなり、お願いだからもう許して…と下手になっているのです。

屈辱と快楽が入り交じるなか、

表情もエロく乱れて、体力も限界に…。

あと一発ぐらいかな?の一言に、やっと終わるのねと、ひと安心。

すると、萩山がスマホを取りだし、女上司とのセックスシーンを録画。

やめてっ撮っちゃダメッ!

こんな恥ずいエロシーンを撮らないで…

必死に止めさせようとするのですが、

弱味について突っ込まれると、言い返せなくなる。

そもそも、これが原因で、ポンコツ社員に弱味を握られているため、余計な事はできない…

結局されるがままに、ハメ撮りされる女上司。

じつは、撮られてると思うと、余計に興奮する女上司は、マ●コをきゅうきゅう締め付けてくる。

「こりゃスゲェや…気持ちよすぎ」

「ラスト一発思いっきりイキますよ!」

ドクンッ、ドクッ、ドクンッ

「ひゃあああ」

今までのセックスで一番イッた女上司。

体をビクつかせ、3度目の精●をマ●コに出される。

「また奥に…出て…ああっ…」

気の強い女上司が痙攣する姿も、淫らにイッてる顔も録画され、さらなる弱味を握られる事に。

某日の夜、人妻である女上司は、夫に子どもが欲しいと告げるのです。

いままでは仕事を頑張りたいから、ゴムを着けてのセックスだったのですが、

これからは生でシてっとお願い。

彼女の夫は、美原俊夫と言って26歳の若旦那。

31歳の彼女とは5つ離れていて、理解のある夫なのです。

結婚3年目で初めての生本番。

愛してるよ香澄。

うん…私も…

夫婦でラブラブなセックスわやするのですが、あの男とのセックスで物足りなさを感じる女上司。

中に出すよ…香澄!

うんっ来て

ドクンッ

これで、もし子どもができても夫を傷つけずに済むわね…

無料立ち読みはコチラ
タイトル名で検索♪

【気の強い女上司(31歳・人妻)の弱みを握ったので、毎日中に出してたら~】 ※検索するときは、上のタイトルをコピペすると楽ですよ♪

【気の強い女上司(31歳・人妻)の弱みを握ったので、毎日中に出してたら~】詳しくはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です