「ハメられ通学電車」2話ネタバレ「蹂躙された柔尻と豊満な胸」

「ハメられ通学電車-いたずらしないで…」2話ネタバレ

「ハメられ通学電車-いたずらしないで…」2話は、「蹂躙(じゅうりん)された柔尻と豊満な胸」です。

電車内で痴漢されてしまう真白。このままでらまずいと判断し、はっきり言うことに。

「止めてください!大声出しますよ!」これで止めてくれるだろう…そう思っていたが、オジさんはやめようとはしない。

「そんなこと言ってもいいのかなぁ真白ちゃん」「ど…どうして、私の私の名前を」

「真白ちゃんのことなら、何でも知ってるよ」

「万引きしてたこともね」

「万引き…」

彼女は、学校の帰りにコンビニで万引きをしていて、オジさんに目撃されていたのです。

証拠の写真まで撮られているため、言い逃れはできない…。

「そんな…どうしよう…」

「分かったらこのままオジさんの言う通りにしようねぇ」

万引きしている写真がバラまかれたら、タダではすまないと思った真白は、大人しく従わざるをえない。

いい気になったオヤジは、まかれたらのオシリをワシづかみ。

真白は、乳首をぎゅっとつままれると、大きな声が出そうになる。

でも大声を出してバレたら、あの写真がバラバラまかれてしまう…。

両手で口を抑え、あえぎ声を出さないようにしている。

しかし、乳首を攻められると声を出さずにはいられない。

「周りの人にバレそうになると、ドキドキしない?」

オヤジはオシリとおっぱいをモミモミしながら、かたほうの手を下半身に持っていく。

真白のパンツの中に手を入れ、マ○コをいじくり倒す。

「ビクンッ」

「ん…はぁん…」

「ダメダメェっそんなされたら声でちゃう」

ギリギリ気付かれはしないものの、オヤジの手によってハメられてしまう真白。

「まったく、最近の若い子は成長が良くてけしからん」

そう言うと、バイブをハメられることに…

「この振動するオモチャで罰を与えてやらんと」

初めて感じる震動に限界の真白は、

「あぁっ…何この振動…あっ…」

「だめぇっ」

「ビクンッ」

足がガクガク震え出すほど感じているところに、さらなる刺激を与える。

「あぁっ そんな動かしたらっ あぁ…すごい振動っ」

「やらしぃなぁっ、こんなに濡らして」

びしょびしょに濡れたマ○汁か足の方へ流れてくるほど濡れ濡れのオマ○コ。

「んんっ、だめ…大きい声が!」

女子高生には刺激が強い強力バイブによって、マ○コに限界が…

「ハメられ通学電車」立ち読み

「ハメられ通学電車」3話のネタバレ

 

「ハメられ通学電車-いたずらしないで…」ネタバレ2話の感想

通学途中の電車で痴漢にハメられる真白。痴漢相手は、彼女の弱味を握っているのをいいことに、何でもヤりたい放題。

卑劣なやり方だと思いきや、 じつは真白、学校の帰り道に万引きをしていたのです。

通学電車に乗る前に立ち寄ったコンビニで、盗みを働く女子高生。

この万引きしていた様子が撮られてしまい、証拠写真まで残されてしまうのです。

そのせいで抵抗することも、反論することもてきない真白は、オジさんの痴漢によって好き放題されてしまうのです。

しまいには、ハメられ汚されてしまうというエロすぎる展開へと進んでいきます。

JK(女子高生)の若くてエロいカラダをたんのうするかのように

オッパイをモミモミし、マ○コをいじくる。

声を出さないようにしているも関わらず、何度も声を出してしまいそうになる真白を見て、興奮するオヤジ。

さらに調子に乗ったオヤジは、強力バイブを仕掛け、イかせようとする。

あまりに強力なバイブに足がガクガク震えだす。マ○コもびしょびしょに濡れ始める。

オヤジの支えなしには立っていられないほどってどれだけイッてんの?って感じですが、 かなり敏感な反応が、エロかわいいです。

あえぎ声とかたくさん出ていますが、一応通学電車の中なんですよね。

いつバレるか分からない状況(普通ならバレてるでしょ)で、ピチピチのJKに痴漢して興奮し、

段階が進めば進むほど、どんどんエロさが増す真白を見て、オヤジの痴漢はエスカレート…

そして、
次第に真白の体に変化が訪れてしまうのです。

このままキモいオヤジにハメられてしまうのか。

続きは「ハメられ通学電車」の本編で

≫「ハメられ通学電車」ダウンロードはコチラ

【まんがこっち】 ハメられ通学電車-いたずらしないで…-

「ハメられ通学電車」本編を読む

「ハメられ通学電車-いたずらしないで…」に類似する大ヒットエロ漫画「秘密の通学電車」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA