「夏色乙女/てくのみくす」2話ネタバレ

「夏色乙女/てくのみくす」2話ネタバレ

「夏色乙女/てくのみくす」
[iPhone、Android対応]

第2話「衝動ーハジメテの性交。貫かれる乙女のカラダ。」

久々に実家に帰省した主人公は、制服姿のまま川で遊んでいる乙女を見つける。

その乙女は、●学生に成長していた従姉妹なのでした。

ブラジャーもつけず、パンツを見せながら無防備に遊んでいる。

そんな乙女に欲情してしまった俺は…。
必死に理性を抑えようとするものの、ピンク色でツンとした乳首を見て、本能的にむしゃぶりついてしまうのでした。

年の離れた大人にそんなことをさら、嫌がるだろうと思いきや、意外に抵抗してこない。

むしろ、感じてしまっているようで、やらしい反応をする。

そんな乙女のオッパイを味わったあとは、マ●コにも手を出してしまう。

純白のパンツから透けて見えるマ●すじに興奮し、パンツを脱がす。

まだ誰にも触れられていないキレイなマ●コ

さすがは●学生。

もう手を出さずにはいられない主人公は、マ●コにも吸いついてしまうのです。

おっぱいをいじられただけで、濡れてしまうマ●コを俺の舌でグチュグチュにしてしまう。

ピクつくおま●こに激しく舌を使うと、ビクビクと反応。

と同時に、粘り気のある液体があふれでてくるのです。

顔を真っ赤にして、やらしい声をあげる乙女。

まだ成長段階だというのに、大人でも興奮してしまうエロい体。

主人公は、アレを入れなければ気が済まないのでした。

「そ、それ、だめ…だよお…おにいちゃん…」

そして、大人のアレを●学生のあそこ挿入してしまうのでした。

「まってろ…、すぐに終わるからな」

限界まで張り詰めたチ●コを従姉妹のあそこに押し当てる。

そして、、、

ズプっ!

「…んーーっ、……んぅ!…っ」

まだ小さくて、きついマ●コに少しずつ入れていく。

ヒクついて絡みついてくる気持ちいいマ●コ。

優しくていねいにしようと思っていたが、もう我慢ならない俺は、勢いよく奥まで入れてしまう。

ズポッ

「…!!」

「…はっ、はっ…くる、しい…よ…お兄…ちゃんっ…」

●学生には、刺激が強すぎたのか、悶絶してしまう乙女。
涙を流しながら苦しそうな表情を浮かべている。

ギチギチに閉じているキツキツのあそこを馴染ませていく。

そのときの彼女の漏れてくる声が俺をますます興奮させる。

柔らかいおっぱいを揉みながらバックで激しく突きまくる。

「ん…、はっ…んぅんぅぅぅーーっ」

息が荒くなって、腰が抜けそうな●学生を支えながら優しく動かしていく。

次第に乙女のあそこも馴染んでくるように。

そして、、

「よ…そろそろ…いくぞ…」

ズププッ

「くひゃんっ」

ビクッビクッ!

くびれのある細い腰を両手でがっちりつかみ、奥までチ●コをねじ込む。

すると、仰け反りかえってかん高い声を上げてくる。

もう可愛すぎて興奮Maxの主人公は、激しく、乱暴に突きまくる。

アへ顔になってしまうほどだらしなくなっている乙女。

快楽を感じ、悶え、喘ぐ姿は最高にエロい。

「や…はっ…だ、め、やっ…だめ…それ、だめぇーー」

小さな体をビクビクさせながら、言葉にならない状態。

そんな彼女を容赦なく汚し続ける。

「う、あ…、は、はげし、すぎ…だよ、おに…ちゃ…」

たまらなくカワイイ乙女に、我慢の限界がくる主人公。

「ぐ…、出るっ…!」

どぷっ

「ひっ…、あ…んぅ、うぅ…!」

まさかの●学生に…中●ししてしまう俺。

ヒクつくマ●コの奥に、大量の精●が流れていく。

どくどく流れてくるのを感じて、どうしようもない表情をする。

ビクビクと痙攣して、イッテしまったのです。

ただでさえ、腰が抜けてしまうのどのマ●コを堪能し、大量に中●し。

気持ちよすぎなのか、なかなか引き抜こうとしない。

その間も精●が流れ続ける。

「あ…びく…って…すご、い…あ、あーー」

行為が終わると、地面にぐったりする乙女。

ビクビク痙攣しながら余韻に浸っているようす。

そんな彼女を見て、再び立ち上がってきてしまうアソコ?

まさか、もう1回?

そう思っていたら、彼女は立ち上がって、逃げるように去っていってしまったのです.

従姉妹からしたら、年の離れたおじさんに突然処●を奪われ、中●しまでされてしまったのですから、ショックで逃げ出すのは当然…。

自分のしたこと最悪だったと後悔する主人公でしたが、あんなエロい姿を見せられたら、誰だって…耐えられない

「夏色乙女」の本編を読んでみる

「夏色乙女 俺と従姉妹と爛れた性交に耽った夏の思い出」の詳細

「夏色乙女/てくのみくす」
≫2話本編を読んでみる≪

[iPhone、Android対応]

「夏色乙女 俺と従姉妹と爛れた性交に耽った夏の思い出」の詳細

2話ネタバレ終了。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA