「賭ケグルイ」4巻の感想とネタバレ

「賭ケグルイ:河本ほむら」4巻の感想とネタバレ

2巻で行われた債務整理大集会で、2億6000万の利益を得た夢子は3億1000万もの借金がありながらそれを返さずに家畜のままでいました。

それは家畜しかもっていない公式戦というルールを使って生徒会長と戦うためでした。

伏線で夢子は実際3億1000万全額返せるだけのたくわえをもっているのではとでていましたがだとしたら5000万ものお金を用意できるということになります。

本当に夢子は何者なんでしょうか。

「賭ケグルイ」4巻では、生徒会役員であり現役アイドルを務めている夢見弖ユメミとギャンブルをすることになります。

ユメミは将来的にレッドカーペットを歩きたい、そのために努力している女生徒です。

いままでの生徒会役員に比べるとまともに見えると思っていましたが、生徒会に身を置くものがそんなまともというわけもなくアイドルとは思えないほどぶちぎれた表情で、ファンに対する不満を爆発させます。

漫画の「賭ケグルイ」を読んでいただくとわかりますが、

とてもアイドルとしてファンの前に立っているユメミと同一人物とは思えないほどの表情をしています。

今回は思った以上にあっけなく勝負がつきます。

今までが大金であったり命であったりとみているこっちまでハラハラするようなものが続いていたので自分的にはあっさりしてたなというのが四巻の感想です。

「賭ケグルイ」5巻ではスリル満点のギャンブルが見てみたいです。

「賭ケグルイ」の漫画ダウンロードは可能です。

サイト内で漫画のタイトルを入力すれば、読みたいタイトルが読めます。

Amazonやコミックシーモア、ハンディコミック、ニコニコ静画などで無料立ち読みやダウンロードができますので、興味がある方がご覧になってみて下さい。

パソコンはもちろん、スマホにも対応です。

河本ほむらさんの「賭ケグルイ」は、パソコンやスマホでもダウンロードできる漫画です。

「賭ケグルイ」3巻の感想ネタバレはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA