あらすじ」タグアーカイブ

「何もないけど空は青い」1巻の感想

「何もないけど空は青い:西森博之」1巻の感想

西森博之先生原作の「何もないけど空は青い」1巻の感想についてです。

「何もないけど空は青い」は、地球の近くを通り過ぎた隕石の影響で、鉄や金属を失なった世界で生きることになる物語です。

隕石衝突によって世界が終わりを迎えるかと思いきや、隕石は衝突せず安堵していた人類。

しかしその隕石に付着していたバクテリアは、鉄に代表される金属を腐食させ、世界から失わせてしまうのでした。

金属に支えられてきた世界・文明が崩壊するなかで、ただ日常を過ごしていた人類は非日常の世界に飛び込むことになるのです。

この事態のなかで、首都東京から数百キロ離れた地方都市で高校に通うに主人公、河守仁吉(じんきち)が思い浮かべるのは同級生の七ノ宮華羅(から)でした。

文明が終わりを迎えるなかで学校生活も終わり、絶望に飲まれた人々によって無法地帯へと姿を変えていく世の中。

しかしそんな世界にあっても、仁吉と華羅は人生の目的を強く持っています。そんな二人の生き様を描いた作品になっています。

金属が消え失せることによって到来する世界は昨日まで日常だったものが非日常になる世界です。

その舞台設定と生き生きとしたキャラクターはとても魅力的で先の気になる展開が重なって、とても面白い漫画になっています。

さらに”電気が点かなくなって真の暗闇に閉ざされた街”など、文明の終わりを迎えた世界の描写がとても素敵で、それだけでこの作品を読みたくさせられます。

「何もないけど空は青い」1巻では、華羅と仁吉の”強さ”が描かれましたが、生きる上での根本的な問題は横たわったままになっています。

この二人がこれからどのような生き方をしていくのか、そこがとても気になる作品で、オススメです。

サンデーで人気を博した「何もないけど空は青い」は、各スマホの公式サイトにて配信されています。無料のダウンロードはできませんが、本編を全部読みたい方は、公式サイトを使ってみましょう。

「何もないけど空は青い」漫画のダウンロード

「お茶にごす。」や「今日から俺は」など、関連の漫画が多数あります!

「テラモリ」を読んだ漫画の感想

「テラモリ:iko」を読んだ漫画の感想

裏サンデーで掲載されている漫画「テラモリ」を読んだ感想です。

あらすじやネタバレと言った内容もありますので、併せてご覧ください。

まずは「テラモリ:iko」のあらすじ(ネタバレ)

まさに華の女子大生生活満喫中の主人公高宮陽は、お金がなくアルバイトを始めようと決めました。

家電の接客のアルバイトを始めようとした矢先、スーツ店の時給に惹かれ、家電のバイトをキャンセルし、スーツ店のアルバイトを始めました。

しかし、考え得ていた以上に高宮陽にとっては、このバイト、色々な意味で想像以上でした。

まず、接客経験がない為、怖い印象を持ち、ひたすら掃除の仕事に没頭しますが、見かねた副店長「平尾」から、接客でフロアに立てと命令されます。

しかし、フロアの掃除をやっていればいいと言われ、フロアに出ますが、お客様に声をかけられ、とっさに裏方へ逃げようとしますが、それを副店長平尾は許しません!初接客はうまくいったものの、笑顔が死んでいてゾンビと言われてしまいます。

その後も言われ続けますが、鬼副店長の平尾は妥協をしません。アルバイトの高宮は、今後アルバイトを続けていけるのか!?というお話です。

漫画「テラモリ:iko」の感想

まず「テラモリと言う漫画は、すごい女子マンガっぽいです。

でも、最初は恋愛要素が全くなく、一瞬ギャグマンガのような印象を受けると思います。

さらに、接客経験のある人はとてもわかるあるあるがよく出てきます!

「テラモリ」は、男性にも読みやすくおすすめの漫画ですよ。

とにかく、店長平尾とニート大学生だった高宮の関係はどうなっていくのか!?

私は徳益店長がお気に入りですが、今後の「テラモリ」に期待です!

裏サンデーでご覧になれますが、人気の公式サイトでも「テラモリ」が読めます。ダウンロードしたり、立ち読みなどでチェックしてみて下さいね。

iko漫画「テラモリ」のダウンロード

裏サンデー作品が多数あります!

「トモグイ~人間狩り~」学級崩壊!内容は?あらすじの紹介

「トモグイ~人間狩り~:金沢伸明 RAZEN」学級崩壊!内容は?あらすじ

「トモグイ~人間狩り~:金沢伸明 RAZEN」ってどんな内容?と気になっている方に漫画のあらすじを紹介します。

2年A組担任「高尾七海」は、誕生日を祝ってもらったり、プレゼントをもらったりと生徒に慕われた良き教師だった・・・・と思われた。

しかし、謎の電話がかかってきたり、チョークにカッターの刃が入ってたりしはじめるのです。

翌朝には一人の生徒が自殺。

「宮田大」は本当に自殺したのか?

生徒たちからの印象だと、自殺ではない気がします。

生徒たちにその事実を告げると、やはり動揺していて、計画ではなかった展開のようです。

生徒側では、教師いびりの計画で、担任の七海をはめるつもりでいたようで、計画を立てた「神田楓」のとある生徒の為の復讐劇だったようですが、宮田は自殺のつもりだったのが、実際に死んでしまったのです。

いったいなぜなのでしょうか?実は楓の身近に、楓を恨んでいる人物がいました。

それは「真紀子」という人物。

親友と言っていた友達の真紀子は楓の彼氏となった「巽沢隼人」に思いを寄せていて、隼人を利用している楓を恨んでいるようです。

真紀子はうまい具合に宮田君の彼女であった「浜谷美樹」を利用して、復讐を果たしますが、実はそれすら、誰かに利用されていただけだったのです。

一体誰の仕業なのか?黒幕はいったい誰なのか?

タイトルが人間狩りとなっていますが、

まだ生徒や教師が被害者になってしまうのか?

息もつかせず、ついに読みふけってしまうのが「トモグイ~人間狩り~」の魅力です。

「王様ゲーム」などを手がけた作者なので、「トモグイ~人間狩り~」もきっとハマル確率が高いと思います。

スマホなどでダウンロードしたり、無料の立ち読みがごらんになれますので、1度「トモグイ~人間狩り~」読んでみて下さい。

スマホで「トモグイ~人間狩り~」を無料立ち読み