ちいさいひと 青葉児童相談所物語」タグアーカイブ

「ちいさいひと 青葉児童相談所物語」1巻の感想

「ちいさいひと 青葉児童相談所物語」1巻を読んだ感想

「ちいさいひと青葉児童相談所物語」は駆け出し児童福祉司の主人公が、児童虐待から子供を救うため、奮闘する物語です。

新卒で晴れて福祉専門職―児童福祉司となった主人公、相川健太は児童相談所で働き始めます。

幼い頃からの夢だった児童福祉司の仕事に溌剌と打ち込む健太でしたが、入所してすぐ、子供の保護者と出会えない、そんな気になる家庭と巡り合います。

おかしなことが起きていないか調査をするなかで、保護者と電話で連絡を取ることになるも、保護者に罵声を浴びせられる健太、

その中で過去の記憶がフラッシュバックを起こし、”絶対にまずいことが起きている”と健太が確信し何か行動を起こさなければ、と思うに至るところから物語は始まります。

子ども虐待の事実をなんとか隠し通そうとする保護者と、あの手この手を使ってお子さんを救い出そうとする健太たち児童福祉司の手に汗握る攻防が繰り広げられる物語。

児童福祉司の懸命な戦いはとても目を見張るものがあります。

子ども虐待の精緻な描写は読んでいて心にずしりと重いものを与えてきます。

だからこそ児童福祉司の奮闘に引き込まれる、面白い作品となっています。

「ちいさいひと 青葉児童相談所物語」1巻は、新たな被虐待児が登場して……?というところで引きを迎えますが、

次の巻でどのような展開を迎えるのかとても気になります。

「ちいさいひと 青葉児童相談所物語」漫画のダウンロード

サイト内で漫画のタイトルを入力してください

夾竹桃ジン、水野光博、小宮純一さんの「ちいさいひと 青葉児童相談所物語」は、スマホサイトからもダウンロードできる漫画です。

作者の関連漫画には、「超推脳 KEI~摩訶不思議事件ファイル」や、「新児童養護施設の子どもたち」、「児童養護施設の母」、「きみとうたった愛のうた~児童養護施設でくらしたあの頃に」などがあります。

ぜひ「ちいさいひと 青葉児童相談所物語」と併せて読んでみて下さい。