てくのみくす」タグアーカイブ

「夏色乙女/てくのみくす」2話ネタバレ

「夏色乙女/てくのみくす」2話ネタバレ

「夏色乙女/てくのみくす」
[iPhone、Android対応]

第2話「衝動ーハジメテの性交。貫かれる乙女のカラダ。」

久々に実家に帰省した主人公は、制服姿のまま川で遊んでいる乙女を見つける。

その乙女は、●学生に成長していた従姉妹なのでした。

ブラジャーもつけず、パンツを見せながら無防備に遊んでいる。

そんな乙女に欲情してしまった俺は…。
必死に理性を抑えようとするものの、ピンク色でツンとした乳首を見て、本能的にむしゃぶりついてしまうのでした。

年の離れた大人にそんなことをさら、嫌がるだろうと思いきや、意外に抵抗してこない。

むしろ、感じてしまっているようで、やらしい反応をする。

そんな乙女のオッパイを味わったあとは、マ●コにも手を出してしまう。

純白のパンツから透けて見えるマ●すじに興奮し、パンツを脱がす。

まだ誰にも触れられていないキレイなマ●コ

さすがは●学生。

もう手を出さずにはいられない主人公は、マ●コにも吸いついてしまうのです。

おっぱいをいじられただけで、濡れてしまうマ●コを俺の舌でグチュグチュにしてしまう。

ピクつくおま●こに激しく舌を使うと、ビクビクと反応。

と同時に、粘り気のある液体があふれでてくるのです。

顔を真っ赤にして、やらしい声をあげる乙女。

まだ成長段階だというのに、大人でも興奮してしまうエロい体。

主人公は、アレを入れなければ気が済まないのでした。

「そ、それ、だめ…だよお…おにいちゃん…」

そして、大人のアレを●学生のあそこ挿入してしまうのでした。

「まってろ…、すぐに終わるからな」

限界まで張り詰めたチ●コを従姉妹のあそこに押し当てる。

そして、、、

ズプっ!

「…んーーっ、……んぅ!…っ」

まだ小さくて、きついマ●コに少しずつ入れていく。

ヒクついて絡みついてくる気持ちいいマ●コ。

優しくていねいにしようと思っていたが、もう我慢ならない俺は、勢いよく奥まで入れてしまう。

ズポッ

「…!!」

「…はっ、はっ…くる、しい…よ…お兄…ちゃんっ…」

●学生には、刺激が強すぎたのか、悶絶してしまう乙女。
涙を流しながら苦しそうな表情を浮かべている。

ギチギチに閉じているキツキツのあそこを馴染ませていく。

そのときの彼女の漏れてくる声が俺をますます興奮させる。

柔らかいおっぱいを揉みながらバックで激しく突きまくる。

「ん…、はっ…んぅんぅぅぅーーっ」

息が荒くなって、腰が抜けそうな●学生を支えながら優しく動かしていく。

次第に乙女のあそこも馴染んでくるように。

そして、、

「よ…そろそろ…いくぞ…」

ズププッ

「くひゃんっ」

ビクッビクッ!

くびれのある細い腰を両手でがっちりつかみ、奥までチ●コをねじ込む。

すると、仰け反りかえってかん高い声を上げてくる。

もう可愛すぎて興奮Maxの主人公は、激しく、乱暴に突きまくる。

アへ顔になってしまうほどだらしなくなっている乙女。

快楽を感じ、悶え、喘ぐ姿は最高にエロい。

「や…はっ…だ、め、やっ…だめ…それ、だめぇーー」

小さな体をビクビクさせながら、言葉にならない状態。

そんな彼女を容赦なく汚し続ける。

「う、あ…、は、はげし、すぎ…だよ、おに…ちゃ…」

たまらなくカワイイ乙女に、我慢の限界がくる主人公。

「ぐ…、出るっ…!」

どぷっ

「ひっ…、あ…んぅ、うぅ…!」

まさかの●学生に…中●ししてしまう俺。

ヒクつくマ●コの奥に、大量の精●が流れていく。

どくどく流れてくるのを感じて、どうしようもない表情をする。

ビクビクと痙攣して、イッテしまったのです。

ただでさえ、腰が抜けてしまうのどのマ●コを堪能し、大量に中●し。

気持ちよすぎなのか、なかなか引き抜こうとしない。

その間も精●が流れ続ける。

「あ…びく…って…すご、い…あ、あーー」

行為が終わると、地面にぐったりする乙女。

ビクビク痙攣しながら余韻に浸っているようす。

そんな彼女を見て、再び立ち上がってきてしまうアソコ?

まさか、もう1回?

そう思っていたら、彼女は立ち上がって、逃げるように去っていってしまったのです.

従姉妹からしたら、年の離れたおじさんに突然処●を奪われ、中●しまでされてしまったのですから、ショックで逃げ出すのは当然…。

自分のしたこと最悪だったと後悔する主人公でしたが、あんなエロい姿を見せられたら、誰だって…耐えられない

「夏色乙女」の本編を読んでみる

「夏色乙女 俺と従姉妹と爛れた性交に耽った夏の思い出」の詳細

「夏色乙女/てくのみくす」
≫2話本編を読んでみる≪

[iPhone、Android対応]

「夏色乙女 俺と従姉妹と爛れた性交に耽った夏の思い出」の詳細

2話ネタバレ終了。

 

「夏色乙女/てくのみくす」1話ネタバレ

「夏色乙女/てくのみくす」1話ネタバレ

「夏色乙女/てくのみくす」
≫1話を読んでみる≪

[iPhone、Android対応]

第1話「夏色乙女 俺と従姉妹と爛れた性交に耽った夏の思い出」

8月の暑い夏、主人公は「郷里帰り」で田舎の実家に帰省中。

大学で上京したものの、就職に失敗し、バイト生活を送っているのです。

だから戻ってくるつもりはなかったのに…。

どうせなら、田舎で大人しく過ごしていれば良かった…

そんな後悔をしながらも、子供の頃に遊んだ小川へ向かうのです。

小川には、制服姿の女の子が一人で遊んでいるのでした。

まだ、●学生なのでしょうか、無邪気に泳いだり、水の中をのぞきこんだりしている。

誰もいないと思っているため、パンツが見えるほどスカートを捲り、無防備な状態。

そんな乙女のパンツをずっと見ていたいと思った主人公ですが、声をかけるのです。

「パンツ、見えてんぞー!」

すると、ねこ目の可愛らしい乙女が振り向き、動揺する。

「えっ!?お兄ちゃん!?えっ!えっ!?」

恥ずかしくて顔を真っ赤にする彼女は、

あわててお尻とスカートを抑える。

よく見てみると、その乙女は従姉妹なのでした。

小さい頃から仲で、俺のあとをついてきてくれたくれたカワイイ子。

そんな従姉妹が、いつのまにか●学生になっているのでした。

なんだか懐かしい気分に浸っていると、とつぜん従姉妹が転んでしますのです。

彼が言うには、元気だけども、ドジっ子なとこがあるらしい…。

「おーい、大丈夫かー?」

「あ、あたたた」

「ん、大丈夫」

どうみても、ハデに転んだ従姉妹。

なかなか起き上がってこないから、心配になって近付く。

すると、全身がズブ濡れになってスケスケな状態。

しかも、ブラジャーをしていないので、乳首が丸見え状態。

本編を読んでみる

ねこ目の乙女は、上目使いで見つめてくる。

そのときのしおらしい表情にグッときてしまう俺。

また、ずいぶんと大人びているから、一人の女性として意識してしまうのです。

「だ、大丈夫か?ケガとかしてないか?」
「…だいしょうぶ、だからあっち向いてて…」

こんな恥ずかしい姿を見られて、顔を真っ赤にしている従姉妹。

そう言われても、制服の上からスケている乳首に目が行ってしまうのです。

ピンク色で、むしゃぶりつきたくなるような張りのある乳首。

成長途中の●学生の体をみるだけでも、ドキドキしてくる。

しかも視線を下に落とすと、純白のパンツが透けて、スジがくっきり見ているのでした。

だんだん制御が効かなくなってくるが、相手は●学生。

変な気を起こさないように、気を付けているのです。

「と、とにかく上がって乾かそう。そのまんまじゃカゼ引くぞ」

「う、うん…あ、ありがと…。お兄ちゃん…」

川から上がり、ずぶ濡れになった制服を搾る従姉妹。

こんなスケスケの乙女といるとこを、誰かにでも見られたりしたら…。

と思いつつも、ジロジロと従姉妹の体を眺めてしまう。

「絶対にこっち見ないでよね…」

「わ、分かってるよ」

だんだん、湧いてくる欲情を必死に押さえようしている。

でも、そう思えば思うほど、乙女の体に目がいき、あそこも反応してしまう。

そして、主人公のある一言で、顔をますます真っ赤にし、とても恥ずかしそうにするのです。

「わ、私だって女の子なんだから…」

ついに我慢の限界に達した俺は、か…かわいい!と興奮したようにオッパイをわしづかみしてしまう。

「きゃっ…」

あまりのエロさに思わず手を出してしまう主人公。

彼女のオッパイの感触に手が止まらない…。

●学生の体に夢中になりはじめ、俺はビンビンに立った乳首に吸いついてしまう。

むしゃぶりうくように吸いつくと、敏感に反応してしまうのです。

「んんぅぅぅぅぅーーー!」

「やめ…やめ、てよ…お願い…っだから…」

ビクビクと体が反応して、恥ずかしい表情を浮かべる。

ピュアな反応がとてもかわいく、存分に乳首を味わいつくしてしまうのです。

もうビクビクが止まらない乙女…。

パッと吸うのをやめると、ビンビンに立った乳首がピクピクし始める。

泣いてしまうほど感じてしまい、表情がだらしなく乱れる。

こんなエロい体と表情をした乙女は、この手で汚してしまいたくなるほどなのでした。

「夏色乙女/てくのみくす」
≫1話本編を読んでみる≪

[iPhone、Android対応]

「夏色乙女 俺と従姉妹と爛れた性交に耽った夏の思い出」の詳細

1話ネタバレ終了。

「夏色乙女/てくのみくす」DL版!ネタバレ画像、無料立ち読み有

「夏色乙女 俺と従姉妹と/てくのみくす」DL版!ネタバレ画像、無料立ち読み有

≫試しに読んでみる≪
「夏色乙女/てくのみくす」

[iPhone、Android対応]

「夏色乙女 俺と従姉妹と/てくのみくす」《漫画紹介》

てくのみくす作「夏色乙女」の作品紹介です

久々に実家に帰省中の主人公。

8月の暑いなか、小川へ足を運ぶのです。

そこは子供のころによく遊んだ懐かしい場所。

そこに一人の少女がいたのです。

制服姿で無邪気に遊ぶ●学生。
誰もいないのをいいことに、スカートをめくり、パンツが丸見え状態。

ふと声を掛けると、それは従姉妹。

まだあんなに小さかったのに、すっかり●学生に成長している。

成長途中にも関わらず、おっぱいは膨らみ、柔らかそうな感触。

しかもノーブラのため、乳首がモロ見え状態なのです。

寒さのためか、乳首がビンビンになっている夏色乙女。
ねこ目でカワイイ彼女の、あまりに無防備な姿に、たまらず手を出さずにはいられない。

●学生のおっぱいを突然揉み、ビンビンに立ったエロい乳首を制服の上から吸いつく。

たまらず、可愛いあえぎ声を出す従姉妹。

乳首をいじられただけで顔を真っ赤にして涙目に…。

可愛くてエロい。
そんな乙女にアレを挿れなければ気が収まらない彼は、●学生の処女を強引に奪うのです。

窮屈でせまいマ●コをこじ開けるように挿れて、奥までねじ込む。

まだ●学生にとっては早すぎるのか、言葉にならないほど悶絶…。

そんな従姉妹にお構いなく、激しく突きまくる。

最後は、思いっきり中●●てしまうのです…。

それから二人の関係は…。

夏色乙女を読んでみる

 

《あらすじ》「夏色乙女 俺と従姉妹と/てくのみくす」

てくのみくす作「夏色乙女」のあらすじ(ネタバレ含む)紹介です。

猛暑のなか、郷里帰り中の主人公。

実家に帰るのは久しぶり。

親にムリを言って、都内の大学を受験。

みごと合格。これで就職も確実…かと思っていたら、

就職に失敗。

今はバイト生活を送っていたのです。

そのため、戻ってくる気はなかった…。

どうせなら、初めから田舎で暮らしていればよかったと後悔するハメに。

そんななか、子供のころによく遊んでいた小川へ行くのです。

うわぁ懐かしいなぁと思い出に浸っていると、

川で遊んでいる夏色乙女がいたのです。

制服姿で無邪気に泳いでいる。

その子は、パンツ丸見え状態。

このまま見ていてやろうかとも思ったのですが、一応声をかけてみることに。

「パンツ、見えてんぞー!」

こういうことはハッキリ言った方がいいと大きい声で叫ぶ。

すると、その乙女は顔を真っ赤にして、とても恥ずかしそう。

まさか男の人に見られているとは考えてもなかったようです。

かなり動揺する乙女ですが、

顔見知りのようす。

「お…お兄ちゃん!?」

よく見てみると、その子は従姉妹だったのです。

主人公は、小さい頃の従姉妹しか知らなかったため、その成長ぶりに驚くのです。

まさか、こんなにも成長しているとは…。

●学生にしては体が成長気味で、大人びている。

そんな子が、パンツ丸見え状態でノーブラ。

さらに、びしょ濡れになった制服から乳首がモロ見えなのでした。

キレイで柔らかそうなおっぱいに目が行ってしまう、

でも彼は20を越えた大人。

大人が●学生に手を出すなんてあるまじき行為…と

ソワソワしながらも、理性を保っているのです。

でも、そんな姿で恥ずかしそうに振る舞う乙女が、

あまりに可愛すぎて我慢できなくなってくるのです。

それでも必死にこらえる。

とりあえず河からあがる。

びちょ濡れの制服を絞り、水を抜いていく。

従姉妹の成長した体を見れば見るほどムラムラが増てアソコが反応。

でも相手は●学生。

その葛藤のなか、ある一言がきっかけで、可愛さMAXの乙女。

その子に我慢ならずおっぱいをワシづかみするのです。
ヤバい!思わず手が伸びて…でももう…。

「夏色乙女/てくのみくす」
スマホでダウンロード

 

「夏色乙女 俺と従姉妹と爛れた性交に耽った夏の思い出」《漫画の詳細》

作者:てくのみくす

配信元:ハンディコミック

立読み:完全無料

価格:86円(1話)

タイトル:「夏色乙女 俺と従姉妹と爛れた性交に耽った夏の思い出」
《感想》「夏色乙女 俺と従姉妹と爛れた性交に耽った夏の思い出」

「夏色乙女 俺と従姉妹と爛れた性交に耽った夏の思い出/てくのみくす」
ネタバレや無料立ち読み、ダウンロード終了