1巻」タグアーカイブ

「あおざくら 防衛大学校物語」1巻の感想

「あおざくら 防衛大学校物語:二階堂 ヒカル」1巻を読んだ感想

「あおざくら防衛大学校物語」は、幹部自衛官の養成機関である防衛大学校が舞台にその学生が奮闘する物語です。

勉学が好きな高校生の主人公、近藤勇美は食堂を営む実家が非常に貧乏で借金持ち、私立大学には到底通えない状況でした。

その上、周辺の再開発によって実家の食堂が潰れることに。

ただでさえ貧乏なのに、当面のお金を稼ぐ手段も失った勇美は、進学を諦めざるをえない状況に追いやられます。

しかしそこで、学費が無料……それどころか、なんと給料さえ支給される”防衛大学校”という存在を知った勇美は持ち前の学力を活かして、見事に防衛大学校に合格することができました。

お金も払わずに勉強が出来る、しかも給料が貰える、と歓喜に満ち溢れながら勇美が防衛大学校に入学するところから物語は始まります。

大学校では優しい先輩たちと気の合う仲間に囲まれ、貧乏な勇美にはまるで楽園のような世界が広がっていたのですが……

入校式から全ては一変し、そこは先輩からの激しい指導・厳しい規律に覆われた凄まじい世界が待っているのでした。

そんな世界のなかで勇美はどのように生き抜いていくのか?そんな物語となっています。

防衛大学校という名前は聞いたことがあるかもしれない、あるいは全く聞いたことが無いかもしれない世界がエネルギッシュに描かれた漫画であり、防衛大学校に詳しくなくても興味がそそられる面白い作品になっています。

主人公の勇美はさっぱりとした気持ちの良い性格をしていて好感が持てますし、応援したくなるのも良い点です。

「あおざくら防衛大学校物語」1巻では、ベッドが宙に浮いている衝撃的なシーンで続巻への引きを迎えますが、それも含めて主人公たちがどのように日々を全うしていくのか、それが気になりますね。

「あおざくら防衛大学校物語」漫画のダウンロード

「あおざくら防衛大学校物語」は、WEBサンデーからもダウンロードできる漫画です。

「T-DRAGON」1巻の感想

「T-DRAGON:桜谷シュウ」1巻の感想

桜谷シュウ先生原作の「T-DRAGON」1巻の感想についてです。

なお、漫画はスマホやパソコン対応のサイトで閲覧できます。

主人公の中丸光太郎は、剣道の凄腕で大会で優勝しインターハイに出場することが決まっていました。

しかし、インターハイが開催されることはありませんでした。

その理由は、未知の伝染病により多くの国民がかかってしまい死亡してしまったからです。

その伝染病は血に触れただけでも感染してしまうという強力な感染力に加え、致死率が90パーセントを超えてしまうほどの凶悪なものでした。

伝染病により国は壊滅状態に陥っていました。

感染したわけではなく生きてはいてもこれでは死んでいるのと同じ。

生きる気力もなくし自分を尊敬してくれていた弟にさえ強く当たってしまいます。

そんなとき弟が伝染病にかかってしまいました。

弟を救うためにはワクチンが必要。

そのワクチンを作るためにはこの伝染病のもとのウイルスを見つけなければなりません。

光太郎自らそのウイルスを探すことに協力します。

ウイルスの名前は「T-DRAGON」と言います。

大きさでいうと5ミリ程度なので、普通に探そうとしてたら見つかりません。

それを可能にするために人類は人間自体をミクロにすることに成功しました。

そこから光太郎たち人類とT-DRAGONの戦いが始まるのです。

ミクロの世界で感染した昆虫たちと戦うのですが同じ土俵に立つとどれだけ怖いものか実感しました。

人がたくさん死ぬので苦手な人はいるとは思いますが話の内容としてはとても面白かったです。

ただ、インパクトの強い漫画ですので、刺激に弱い方などは気を付けて読んだ方がいいです。

まだ読んだことがない方は、無料の立ち読みなどから読んでみて下さい。

「T-DRAGON」漫画のダウンロード

漫画「T-DRAGON」は、アマゾンや電子まんがサイトなどで、配信されています。

「何もないけど空は青い」1巻の感想

「何もないけど空は青い:西森博之」1巻の感想

西森博之先生原作の「何もないけど空は青い」1巻の感想についてです。

「何もないけど空は青い」は、地球の近くを通り過ぎた隕石の影響で、鉄や金属を失なった世界で生きることになる物語です。

隕石衝突によって世界が終わりを迎えるかと思いきや、隕石は衝突せず安堵していた人類。

しかしその隕石に付着していたバクテリアは、鉄に代表される金属を腐食させ、世界から失わせてしまうのでした。

金属に支えられてきた世界・文明が崩壊するなかで、ただ日常を過ごしていた人類は非日常の世界に飛び込むことになるのです。

この事態のなかで、首都東京から数百キロ離れた地方都市で高校に通うに主人公、河守仁吉(じんきち)が思い浮かべるのは同級生の七ノ宮華羅(から)でした。

文明が終わりを迎えるなかで学校生活も終わり、絶望に飲まれた人々によって無法地帯へと姿を変えていく世の中。

しかしそんな世界にあっても、仁吉と華羅は人生の目的を強く持っています。そんな二人の生き様を描いた作品になっています。

金属が消え失せることによって到来する世界は昨日まで日常だったものが非日常になる世界です。

その舞台設定と生き生きとしたキャラクターはとても魅力的で先の気になる展開が重なって、とても面白い漫画になっています。

さらに”電気が点かなくなって真の暗闇に閉ざされた街”など、文明の終わりを迎えた世界の描写がとても素敵で、それだけでこの作品を読みたくさせられます。

「何もないけど空は青い」1巻では、華羅と仁吉の”強さ”が描かれましたが、生きる上での根本的な問題は横たわったままになっています。

この二人がこれからどのような生き方をしていくのか、そこがとても気になる作品で、オススメです。

サンデーで人気を博した「何もないけど空は青い」は、各スマホの公式サイトにて配信されています。無料のダウンロードはできませんが、本編を全部読みたい方は、公式サイトを使ってみましょう。

「何もないけど空は青い」漫画のダウンロード

「お茶にごす。」や「今日から俺は」など、関連の漫画が多数あります!

「オキテネムル」1巻の感想

「オキテネムル:連打一人」1巻の感想

オキテネムルの表紙の絵とタイトルに惹かれて読み始めてみました。

漫画は、いきなりショッキングなシーンから始まります。突如として人間の頭がキリンの頭部に変異し、近くにいた人々に襲い掛かりました。

人を噛み殺すときにむしゃむしゃと口を動かす様子が描かれていたため、捕食のために殺しているのかもしれません。

暴れるキリン男は突如現れた全身を黒い防護スーツのような服で覆った女性に退治されました。

「オキテネムル」の特徴はスピーディーな展開で物語は進み、最初の数ページでは分からないことばかりです。

主人公の通う学校でもキリン男の噂は広まっていました。この主人公の少年にも不思議な能力があるようです。

本人にすら理由や能力の詳細は分からないそうですが、耳に指を入れることで、遠くのものが見通せるようです。

体に負担のかかる能力らしく、力のことを知る友人には使用を控えるよう忠告されています。事件は、主人公の通う学校でも起きてしまいました。

頭部がヘビに変化した遺体が発見されたのです。

主人公は力でその死亡シーンを見ることになるのですが、それもなかなかグロイシーンでした。

不可解な事件を追う特殊なチームの存在も明らかになり、少しずつ謎の正体の姿がみえてきます。

感染型の突然変異、「オキテネムル」とよばれる特別な力を持った者たちの存在…少しずつ自分の能力を知る主人公ですが、ついに主人公のクラスメイトにも感染者が表れてしまいました。

自分の能力で友人の感染を発見してしまった主人公の葛藤は読んでいてつらくなるものでした。

その後、変異を遂げた感染者に主人公は襲われてしまいます。

主人公は無事に逃れることができるのか、とても気になる部分で終わってしまったため「オキテネムル」の2巻もぜひ読んでみたいと思います。

スマホで「オキテネムル」の無料立ち読み

連打一人の漫画「オキテネムル」は、無料立ち読みだけでなk、ダウンロードもできます。