2話」タグアーカイブ

「奥さん、乳首見えてますよ」2話ネタバレ

「奥さん、乳首見えてますよ~隣の巨乳若妻が無防備すぎて」2話ネタバレ

2話 「勃起チ○ポに飢えたセクシーな唇が無防備過ぎて…」のネタバレについて書いています。

近所の奥さんに心を奪われていた中年は、

ムチムチのお尻や、彼女の乳首に大興奮。

速攻家に帰ってズリネタにしていたのです。

できるなら今すぐにでもヤりたい!

抑えていた性欲に歯止めが効かなくなってくる中年は、限界になってくる。

その性欲と、悶々とした気持ちを抱えていたところ、

例の若妻が、家を訪ねてくるのです。

このシチュエーションは、なかなか無いし、相当ヤバいと、変な気分になってくる中年。

そんな彼のやましい気持ちも知らずに、むぼうびでいると、

思わぬエロ展開へとなるのです。

最初は胸だけだったのが、股間までイジられ大変なことに…

これに対して、拒否反応を示すつもりだった彼女だっのですが、だんだんスイッチが入ってきて…

このページでは、「奥さん、乳首見えてますよ~隣の巨乳若妻が無防備すぎて」2話の内容にいて書いていますが、本編をダウンロードして読む場合は、公式のサイトからご覧になれます。

「奥さん、乳首見えてますよ~隣の巨乳若妻が無防備すぎて」ネタバレ画像 作:ネギネギ夫・こっき心

 

 

「奥さん、乳首見えてますよ~隣の巨乳若妻が無防備すぎて」2話の感想

「奥さん、乳首見えてますよ~隣の巨乳若妻が無防備すぎて」の2話「勃起チ○ポに飢えたセクシーな唇が無防備過ぎて…」の感想です。2話のネタバレでは、ムッチリで大胆なエロ妻が冴えないオジサンに犯され始めるています。

ちなみに作者は、ネギネギ夫さんと、こっき心さんです。(ハンディコミックでダウンロード可)

彼らの人気漫画に、「あなたごめんなさい…今夜、義弟と義父に種付けされます」や「調教済寝取られ彼女「ごめんね…ビッチにされちゃった」」がありますので、

興味があったら、ご覧になってみてください。スマホでの無料立ち読みをはじめ、漫画のダウンロードができます。

話は戻って、「奥さん、乳首見えてますよ~隣の巨乳若妻が無防備すぎて」2話の感想ですが、

前回のとは違って、過激なシーンが多かったです。

先ほどのネタバレであったのですが、メインである奥さんがオジサンに汚されて、何度もイカされています(ほぼ無抵抗状態)。

隣の巨乳若妻が無防備すぎては、すでに完結している漫画ですので、一気にダウンロードしてまとめ読みすることもできます。
作品が読める(ダウンロード)のは、ハンディコミックというサイトです。

ハンディコミックでは、漫画の無料立ち読みに加えて、本編のダウンロードにも対応しています。

こっき心やネギネギ夫だけでなく、いま流行っている人気まんがも有りますので、スマホからチェックして見てください。

ちなみにですが、「奥さん、乳首見えてますよ~隣の巨乳若妻が無防備すぎて」は、2017年8月では、ハンディコミックと、DMMの作品となりますので、興味のある方はスマホからどうぞ。

≫「奥さん、乳首見えてますよ~」の本編ダウンロード
[ハンディコミックの人気漫画]
「奥さん、乳首見えてますよ~隣の巨乳若妻が無防備すぎて」3話ネタバレ予告

2話の「勃起チ○ポに飢えたセクシーな唇が…」では、エロい人妻が密室状態で犯されることとなっていますが、次回の「顔も胸もオマ○コも…ザー汁まみれの全身が…」からさらなるエロい展開となりそうです。

ムラムラするようなエロ妻がどうなっていくのかが、気になりますね。

「ハメられ通学電車」2話ネタバレ「蹂躙された柔尻と豊満な胸」

「ハメられ通学電車-いたずらしないで…」2話ネタバレ

「ハメられ通学電車-いたずらしないで…」2話は、「蹂躙(じゅうりん)された柔尻と豊満な胸」です。

電車内で痴漢されてしまう真白。このままでらまずいと判断し、はっきり言うことに。

「止めてください!大声出しますよ!」これで止めてくれるだろう…そう思っていたが、オジさんはやめようとはしない。

「そんなこと言ってもいいのかなぁ真白ちゃん」「ど…どうして、私の私の名前を」

「真白ちゃんのことなら、何でも知ってるよ」

「万引きしてたこともね」

「万引き…」

彼女は、学校の帰りにコンビニで万引きをしていて、オジさんに目撃されていたのです。

証拠の写真まで撮られているため、言い逃れはできない…。

「そんな…どうしよう…」

「分かったらこのままオジさんの言う通りにしようねぇ」

万引きしている写真がバラまかれたら、タダではすまないと思った真白は、大人しく従わざるをえない。

いい気になったオヤジは、まかれたらのオシリをワシづかみ。

真白は、乳首をぎゅっとつままれると、大きな声が出そうになる。

でも大声を出してバレたら、あの写真がバラバラまかれてしまう…。

両手で口を抑え、あえぎ声を出さないようにしている。

しかし、乳首を攻められると声を出さずにはいられない。

「周りの人にバレそうになると、ドキドキしない?」

オヤジはオシリとおっぱいをモミモミしながら、かたほうの手を下半身に持っていく。

真白のパンツの中に手を入れ、マ○コをいじくり倒す。

「ビクンッ」

「ん…はぁん…」

「ダメダメェっそんなされたら声でちゃう」

ギリギリ気付かれはしないものの、オヤジの手によってハメられてしまう真白。

「まったく、最近の若い子は成長が良くてけしからん」

そう言うと、バイブをハメられることに…

「この振動するオモチャで罰を与えてやらんと」

初めて感じる震動に限界の真白は、

「あぁっ…何この振動…あっ…」

「だめぇっ」

「ビクンッ」

足がガクガク震え出すほど感じているところに、さらなる刺激を与える。

「あぁっ そんな動かしたらっ あぁ…すごい振動っ」

「やらしぃなぁっ、こんなに濡らして」

びしょびしょに濡れたマ○汁か足の方へ流れてくるほど濡れ濡れのオマ○コ。

「んんっ、だめ…大きい声が!」

女子高生には刺激が強い強力バイブによって、マ○コに限界が…

「ハメられ通学電車」立ち読み

「ハメられ通学電車」3話のネタバレ

 

「ハメられ通学電車-いたずらしないで…」ネタバレ2話の感想

通学途中の電車で痴漢にハメられる真白。痴漢相手は、彼女の弱味を握っているのをいいことに、何でもヤりたい放題。

卑劣なやり方だと思いきや、 じつは真白、学校の帰り道に万引きをしていたのです。

通学電車に乗る前に立ち寄ったコンビニで、盗みを働く女子高生。

この万引きしていた様子が撮られてしまい、証拠写真まで残されてしまうのです。

そのせいで抵抗することも、反論することもてきない真白は、オジさんの痴漢によって好き放題されてしまうのです。

しまいには、ハメられ汚されてしまうというエロすぎる展開へと進んでいきます。

JK(女子高生)の若くてエロいカラダをたんのうするかのように

オッパイをモミモミし、マ○コをいじくる。

声を出さないようにしているも関わらず、何度も声を出してしまいそうになる真白を見て、興奮するオヤジ。

さらに調子に乗ったオヤジは、強力バイブを仕掛け、イかせようとする。

あまりに強力なバイブに足がガクガク震えだす。マ○コもびしょびしょに濡れ始める。

オヤジの支えなしには立っていられないほどってどれだけイッてんの?って感じですが、 かなり敏感な反応が、エロかわいいです。

あえぎ声とかたくさん出ていますが、一応通学電車の中なんですよね。

いつバレるか分からない状況(普通ならバレてるでしょ)で、ピチピチのJKに痴漢して興奮し、

段階が進めば進むほど、どんどんエロさが増す真白を見て、オヤジの痴漢はエスカレート…

そして、
次第に真白の体に変化が訪れてしまうのです。

このままキモいオヤジにハメられてしまうのか。

続きは「ハメられ通学電車」の本編で

≫「ハメられ通学電車」ダウンロードはコチラ

【まんがこっち】 ハメられ通学電車-いたずらしないで…-

「ハメられ通学電車」本編を読む

「ハメられ通学電車-いたずらしないで…」に類似する大ヒットエロ漫画「秘密の通学電車」

 

「夏色乙女/てくのみくす」2話ネタバレ

「夏色乙女/てくのみくす」2話ネタバレ

「夏色乙女/てくのみくす」
[iPhone、Android対応]

第2話「衝動ーハジメテの性交。貫かれる乙女のカラダ。」

久々に実家に帰省した主人公は、制服姿のまま川で遊んでいる乙女を見つける。

その乙女は、●学生に成長していた従姉妹なのでした。

ブラジャーもつけず、パンツを見せながら無防備に遊んでいる。

そんな乙女に欲情してしまった俺は…。
必死に理性を抑えようとするものの、ピンク色でツンとした乳首を見て、本能的にむしゃぶりついてしまうのでした。

年の離れた大人にそんなことをさら、嫌がるだろうと思いきや、意外に抵抗してこない。

むしろ、感じてしまっているようで、やらしい反応をする。

そんな乙女のオッパイを味わったあとは、マ●コにも手を出してしまう。

純白のパンツから透けて見えるマ●すじに興奮し、パンツを脱がす。

まだ誰にも触れられていないキレイなマ●コ

さすがは●学生。

もう手を出さずにはいられない主人公は、マ●コにも吸いついてしまうのです。

おっぱいをいじられただけで、濡れてしまうマ●コを俺の舌でグチュグチュにしてしまう。

ピクつくおま●こに激しく舌を使うと、ビクビクと反応。

と同時に、粘り気のある液体があふれでてくるのです。

顔を真っ赤にして、やらしい声をあげる乙女。

まだ成長段階だというのに、大人でも興奮してしまうエロい体。

主人公は、アレを入れなければ気が済まないのでした。

「そ、それ、だめ…だよお…おにいちゃん…」

そして、大人のアレを●学生のあそこ挿入してしまうのでした。

「まってろ…、すぐに終わるからな」

限界まで張り詰めたチ●コを従姉妹のあそこに押し当てる。

そして、、、

ズプっ!

「…んーーっ、……んぅ!…っ」

まだ小さくて、きついマ●コに少しずつ入れていく。

ヒクついて絡みついてくる気持ちいいマ●コ。

優しくていねいにしようと思っていたが、もう我慢ならない俺は、勢いよく奥まで入れてしまう。

ズポッ

「…!!」

「…はっ、はっ…くる、しい…よ…お兄…ちゃんっ…」

●学生には、刺激が強すぎたのか、悶絶してしまう乙女。
涙を流しながら苦しそうな表情を浮かべている。

ギチギチに閉じているキツキツのあそこを馴染ませていく。

そのときの彼女の漏れてくる声が俺をますます興奮させる。

柔らかいおっぱいを揉みながらバックで激しく突きまくる。

「ん…、はっ…んぅんぅぅぅーーっ」

息が荒くなって、腰が抜けそうな●学生を支えながら優しく動かしていく。

次第に乙女のあそこも馴染んでくるように。

そして、、

「よ…そろそろ…いくぞ…」

ズププッ

「くひゃんっ」

ビクッビクッ!

くびれのある細い腰を両手でがっちりつかみ、奥までチ●コをねじ込む。

すると、仰け反りかえってかん高い声を上げてくる。

もう可愛すぎて興奮Maxの主人公は、激しく、乱暴に突きまくる。

アへ顔になってしまうほどだらしなくなっている乙女。

快楽を感じ、悶え、喘ぐ姿は最高にエロい。

「や…はっ…だ、め、やっ…だめ…それ、だめぇーー」

小さな体をビクビクさせながら、言葉にならない状態。

そんな彼女を容赦なく汚し続ける。

「う、あ…、は、はげし、すぎ…だよ、おに…ちゃ…」

たまらなくカワイイ乙女に、我慢の限界がくる主人公。

「ぐ…、出るっ…!」

どぷっ

「ひっ…、あ…んぅ、うぅ…!」

まさかの●学生に…中●ししてしまう俺。

ヒクつくマ●コの奥に、大量の精●が流れていく。

どくどく流れてくるのを感じて、どうしようもない表情をする。

ビクビクと痙攣して、イッテしまったのです。

ただでさえ、腰が抜けてしまうのどのマ●コを堪能し、大量に中●し。

気持ちよすぎなのか、なかなか引き抜こうとしない。

その間も精●が流れ続ける。

「あ…びく…って…すご、い…あ、あーー」

行為が終わると、地面にぐったりする乙女。

ビクビク痙攣しながら余韻に浸っているようす。

そんな彼女を見て、再び立ち上がってきてしまうアソコ?

まさか、もう1回?

そう思っていたら、彼女は立ち上がって、逃げるように去っていってしまったのです.

従姉妹からしたら、年の離れたおじさんに突然処●を奪われ、中●しまでされてしまったのですから、ショックで逃げ出すのは当然…。

自分のしたこと最悪だったと後悔する主人公でしたが、あんなエロい姿を見せられたら、誰だって…耐えられない

「夏色乙女」の本編を読んでみる

「夏色乙女 俺と従姉妹と爛れた性交に耽った夏の思い出」の詳細

「夏色乙女/てくのみくす」
≫2話本編を読んでみる≪

[iPhone、Android対応]

「夏色乙女 俺と従姉妹と爛れた性交に耽った夏の思い出」の詳細

2話ネタバレ終了。